オンライン教室 開業ーハンドメイドで、オンライン教室を開業する場合のポイント実際にオンライン教室をしている講師が解説

開業講座

オンライン教室 開業ーハンドメイドで、オンライン教室を開業する場合のポイント実際にオンライン教室をしている講師が解説

こんにちは

オンラインで解決する石鹸彫刻のお教室【カービングプラス】の講師 キシエです。
さて、今日は「ハンドメイドで、オンライン教室を開業する場合のポイント実際にオンライン教室をしている講師が解説」についてブログを書きます

YouTubeもたくさん動画をあげていますのチェックしてくださいね。
カタカナで カービングプラス というチャンネルです。

新型コロナウィルスで教室を開業するのにオンラインでしか開業できなくなってしまった

ハンドメイドで教室開業をしようと思っていたのに、予定通りできなくなってしまった。
オンラインでハンドメイドの教室をはじめるしかないかな、と覚悟を決めた方がたくさんいらっしゃると思います。

教室と一言でいっても、英語学習や歴史の勉強、ピアノレッスンや、ヨガ、カメラやウェブマーケティング、、、、なんて無数にあります。
ハンドメイド教室は作り方を教えるので、セミナー形式で話しをするだけでは難しい場合が多いです。
今日は、そんなハンドメイド教室のオンラインレッスンは、どんなことに注意すれはいいのかポイントをお伝えします。

オンライン教室開業に必要なものを用意しよう

すでにお教室をされている方はオンラインに切り替えるものだけを用意すればいいかと思います。
ですが、これからはじめる方はレッスンに必要な道具、場所、も必要になります。

たたえばスカイプやZOOMなどを使ってリアルタイムにレッスンする場合、自宅で行うのなら、家族やペットが画面に入らない場所が必要です。

主催者になるので、そのあたりの配慮は必要です。

お料理の教室でしたらキッチンでのレッスンになりますが、ハンドメイドの教室の場合はキッチンや生活感のある背景が見えることはあまりおすすめしません
そうするとそういう場所や時間が必要になります。

オンライン講座の組み立て方によって、必要なものも変わってきますが現在は受講される方も、提供する方もZOOMが一番つかいやすく、導入もしやすいです。

キチンとならわなくてもおおよそ理解出来ますし、ZOOMの使い方でしたらインターネットにたくさんの情報があります。

ハンドメイドで必要だなと思われるのが、ウェブカメラです。
ZOOMは第2カメラを共有出来るので、生徒さんに向けて、大きい画面で手元を移す事が出来ます。
手元を写すようにするウェブカメラを固定するものも必要ですね。

最低限、パソコン、ウェブカメラ、カメラを固定するものがあれば、ハンドメイドのオンライン講座をスタート出来ます。

はじめはあまりお金をかけずに徐々に道具を増やしていけばいいとおもいます。

作り方をどうやって教えるか

私はコロナが流行する前からオンライン教室をしていました。
細かいカービングを初心者に教えるのに、教室レッスンとの違いも問題もわかっていました。

以前に動画を使ったオンライン講座もしていたのでYouTube以外の動画のプラットフォームなどもつかっていたし、ZOOMは自分が参加するセミナーはなんども経験していたので、抵抗なく使う事ができました。

まず、ZOOMレッスンで何も習ったことがない方は、ZOOMを使っている習い事を受講してみてください。
自分がそういうレッスンに参加することが重要かと思います。

どんなふうに先生が教えていて、受講する側はどんなふうに画面を見ることができるのか、体感できるからです。

オンライン教室開業は時代にあっている

新型コロナウィルスが広まったことで、世の中が強制的にオンライン化された様になっています。
ですが、時代にあわせる事も大事かなと思います。

対面レッスンすることに何の問題もない状況になっても、一度オンライン化されたものはもとに戻らないと思いませんか?
遠方の方は、対面講座に戻しても通うのは無理ですし、もしかすると海外の受講生さんもいるかもしれないですよね。
オンライン化することは、それまでの教室業のように、近くの人だけが習いにくる、という状況を大きく変えるのです。

オンラインレッスンと対面レッスンの違いや、いい点、悪い点を考えてレッスンのやり方を変えていけばいいのです。
実際にやってみて改善をしていく、ということが一番いいと思います。
受講している生徒さんのご意見も聞けますから。

どうやってポイントを理解してもらうか

オンラインで困るなと思うところは先生の言葉や図解だけで理解してもらうことです。
対面レッスンなら、お教室に来てくだされば、先生の手直しを入れることも出来ます。

先生の手直し、といってもちょっとしたことで、大きく直す事は、ほぼないのですが、
対面レッスンでは、その少しのポイントが理解でき、先生のやり方を近くにいて感じることが出来ます。

オンライン講座は、パソコンの画面上でみていただくだけで、先生の手直しは出来ません。
送っていただいて直しても、リアルタイムでないと、理解出来ないことが多いです。

ここの工夫はオンライン講座を開講している教室の先生がそれぞれ考える所で、これからはそのあたりの差別化も重要になってくるかと思います。

オンライン講座のポイントを3つ解説

実際に、記志江がやっている、『ウェブソープカービング』のクラスはどうやって教えているかというポイントを解説しますね。

ポイント1,説明するちから

わかりやすく説明することです。
え?そんなこと?
と思われるかもしれません。

対面レッスンでしたら、簡単な説明で生徒さんの作品を受け取り、見ながら説明出来ます。
生徒さんの作品を受け取ることができないので、言葉や図解で理解してもらいます。

その場で図を書いて説明することもありますが、レジメを用意する場合もあります。
ZOOMを使う場合は、ホワイトボードという機能もあり、その場で図解することも出来ます。

ポイント2、質問しやすくする

質問しにくい事を改善します。
以前行った立体カービングの講座は、メールでの質問でした。

メールって、
『こんにちは、いつもお世話になっております。。。。』
何ていう文章からかかなくてはいけないかな、と思うとめんどくさいじゃないですか。

カービングプラスではフェイスブックでもラインでもいつでも何回でも質問OKにしてあります。
思ったときに質問できる環境を作るといいと思います。

それからZOOMでリアルタイムにレッスンするのも質問しやすいです。

ポイント3、いつでも見られる

カービングプラスはすべての課題毎に数本の動画をご用意しています。
いつでも好きな課題を、見ることが可能です。

過去のZOOMレッスンの録画もすべて見ることが出来ます。

自分の趣味の時間に当てられる時間ってそんなに多くないと思います。
やる気満々の時はできるだけ時間を作ろうとしますが、皆さんおいそがしいですものね。

教室レッスンで、一度習ったことって、翌月のレッスンに来たときには忘れていませんか?
エビングハウスの忘却曲線は有名ですが、覚えた事の60パーセントは翌日には忘れるそうです。

テキストの紙に書いてある内容と違って、動画は手順を覚えていなくても、見ながら進める事が出来ます。

本日のまとめ

オンライン教室 開業ーハンドメイドで、オンライン教室を開業する場合のポイント実際にオンライン教室をしている講師が解説
新型コロナウィルスで教室を開業するのにオンラインでしか開業できなくなってしまった
●オンライン講座に必要なものを用意しよう
●作り方をどうやって教えるか
●オンライン教室開業は時代にあっている
●どうやってポイントを理解してもらうか
●オンライン講座のポイントを3つ解説
1,説明するちから
2、質問しやすくする
3、いつでも見られる

これからオンライン講座を開業する方はたくさんの見本がありますので十分に研究することが出来ます。どういう方向の教室にするか、生徒さんの満足度をどこで高めるかを考えて設計するといいと思います。

無料メール講座からはじめてみよう

教室で教え方が違うかどうかを無料のメールレッスンで確かめてみませんか?

まず比較検討する元になるかと思います。
体験レッスンを申し込むのにまだ不安な方はとりあえず無料のメール講座からはじめみましょう。

無料のメルマガ登録できます。ラインから先着3名様に無料ポイント解説プレゼント

ラインに『メルマガ登録したよ』とご連絡くださいね。ご自分の作品の写真を送ってください。無料でコメントします。

毎月先着3名様です。

ラインの登録は>>こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました