キャンドル カービングーキャンドルカービングってどんなもの?ソープカービングと何が違うの?教室の先生が違いを解説

癒やし

キャンドル カービング ーキャンドルカービングってどんなもの?ソープカービングと何が違うの?教室の先生が違いを解説

こんにちは

オンラインで解決する石鹸彫刻のお教室【カービングプラス】の講師 キシエです。
さて、今日は「キャンドルカービングってどんなもの?ソープカービングと何が違うの?教室の先生が違いを解説」という内容でブログを書きます

YouTubeもたくさん動画をあげていますのチェックしてくださいね。
カタカナで カービングプラス というチャンネルです。

キャンドルカービングってどんなもの?教室が遠いのでオンラインでおしえてくれないかな

キャンドルカービング、というものがあります。
カービングという言葉は、『彫刻』の英語です。

ソープカービングは石鹸を彫るのですが、キャンドルをほるのがキャンドルカービングになります。

市販されているキャンドルはそのまま彫ってもナイフがはいらないので、彫ることは出来ません。
キャンドルカービングに適した配合で作ったキャンドルに彫刻をしています。

オンライン教室はいまのところ、あまり無いようにかんじましたが、これから増えるかもしれませんね。

キャンドルカービングは広がりをみせています

昔からあるのはキャンドル作りのお教室などで、ナイフを使ってキャンドルに飾り彫るもの。
ハワイアンキャンドル、などとも呼ばれているようです。
カービング教室をはじめてすぐのころ、私も『キャンドルって彫れないのかな』と思い、教室を探したことがあります。

インターネット上だと大きいキャンドルのようだったので、そのまま受講しなかったのです。
でもずっーと気になっていました。

カービング教室の先生がキャンドル作りをされいて、それを使って彫り方を教えているお教室もあります。
私が知っているのは、東京のスーイートローズさんや九州のロコカービングさんです。

そのあと、タイのカービングの先生がたが、キャンドルカービングをするようになりました。2018年ごろでしょうか。(違っていたらごめんなさい)
タインい習いに行くお教室の先生が多いので、日本のカービング教室でも『キャンドルカービング』をする教室が増えました。

彫りやすいキャンドルの配合を考えて販売してくださったり、リンゴやいちごのキャンドルを作ってくださり、
そこに、フルーツカービングのようにデザインを彫っていく事も、出来るようになりました。

最近はカメヤマローソクさまでもカービング用のキャンドルを売っているそうです。

カービングの先生とキャンドルの先生がコラボして素敵な作品を作られたりしているのも見かけます。

キャンドル作家さんはけっこうたくさんいらっしゃるので、地域でさがしたら教えてくれるお教室があるかもしれません。

カービングの技術って応用が効く

キャンドルカービングが広まったのは、カービング教室の先生たちだと思われます。
そう考えると、カービングのスキルって、応用出来ると思いませんか?

キャンドルの芯を取り外しできるものもあるので、カービングをされている方なら、普通の石鹸と同じように彫ることが出来ます。

カービングの技術があれば、同じような素材のものを彫ることが出来ますね。

消しゴムはんこからカービングに進む人や、フルーツカッティングからフルーツカービングに進む人や、いろいろな業種業態に広がっています。
共通項が多いものは広がりやすく、それがオリジナルのアイデアに結びついたりします。

キャンドルのいいところ

自分で作られる場合は形も色も自由に作れますので、自分の好きな作品になりますね。

キャンドルも作り方や種類はいろいろあるようです。奥深そうですよね。

アロマキャンドルにすれば、香りを楽しむことが出来ます。
虫除けになったりもしますね。

手作りならではのキャンドルに、さらにカービングをして香りもたのしむ、
なんて
新しいカービングの楽しみ方ができますね。

キャンドルは彫った彫りかすをまた固め直す事が出来ます。
これも無駄が無くていいなと思います。

ワックスバーなども香りがなくなると固め直しするようですよ。

それから、彫ったときにワックスの透け感が綺麗だなと思いました。

フルーツや野菜も素材によって透け感のあるものがありますまた違う感じです。
色や形が自由になるのは、手作り石鹸にも通じるなと思いました。

彫る技術を習得するのは、は何からスタートすれば上達が早いか

彫る技術は何からスタートすれば上達が早いか、ということを考えてみましょう

もし、キャンドルカービングを習いたいと思った作品が、カービング教室に関係しているものでしたら
ソープカービングからならうといいと思います。

フルーツカービングをされたい方にも
ソープカービングからスタートするのをおすすめしています。似たような理由です。

キャンドルカービングとソープカービングの違い

キャンドルカービングとソープカービングなら、はじめはソープカービングのほうをおすすめします。

1.通年で練習できる

配合によりますが、キャンドルを手に持って彫るので、夏場は柔らかくなりすぎたり、溶けたりするので、冬場に彫った方がいいです。
ただ、使うキャンドルによって配合がちがうのでその差は確かめないとわからないです。

石鹸も暖かい時期のほうが安心して彫れますが、石鹸を温めれば問題は解決します。

2.ナイフの使い方がわかりやすい

フルーツカービングをはじめにおすすめしないのは水分があって、ほっていても自分のナイフが合っていないかどうかが、わかりにくいからです。

それからもう一つ、カービングナイフの動かし方が多少雑でも、フルーツや野菜はしっかりしているので、壊れにくいです。
石鹸はナイフの使い方によっては壊れるものがあり、ナイフの使い方や動かし方が理解しやすいです。

キャンドルを彫っていて感じるのはその『しっかりさ』です。
これも配合によりますが、多少ナイフを前後にうごかしても壊れないな、と感じました。

壊れやすいものに彫る方が、その微妙な違いに気づくと、ほかのどんなものにも彫ることが出来ます。

3.石鹸が金額がお手ごろで使えるので環境にもやさしい

石鹸は彫ったゴミも使える事。練習した石鹸も使える事です。

キャンドルも使えますが、作り直しをするときはいろいろな色を混ぜると汚くなるので、色別に分けるといいでしょう。
(石鹸の彫りかすも色別にしたほうがかわいく出来ます)

それから価格です。
キャンドルもものすごく高くはないですが、石鹸の方が安価です。

以上、キャンドルカービングとソープカービングの違いについて書きました。
最後に、これはあくまでも個人的な見解ですとお伝えしておきますね。

参考にしていろいろしらべてみてくださいね。

久しぶりに彫ったキャンドルの写真を途中にいれました。

やっぱり薔薇っていいな、、なんて思いながら彫りました。

本日のまとめ

キャンドル カービングーキャンドルカービングってどんなもの?ソープカービングと何が違うの?
●キャンドルカービングってどんなもの?
●キャンドルカービングは広がりをみせています
●カービングの技術って応用が効く
●キャンドルのいいところ
●彫る技術を習得するのは、は何からスタートすれば上達が早いか
キャンドルカービングとソープカービングは、彫るものの違いです。
それぞれの特徴がありますのでそこを私の意見として説明しました。

無料メール講座からはじめてみよう

キャンドルカービングをはじめるのなら、ソープカービングからスタートされるのがおすすめです。
オンライン講座も充実しています。

体験レッスンを申し込むのにまだ不安な方はとりあえず無料のメール講座からはじめみましょう。

無料のメルマガ登録できます。ラインから先着3名様に無料ポイント解説プレゼント

ラインに『メルマガ登録したよ』とご連絡くださいね。ご自分の作品の写真を送ってください。無料でコメントします。

毎月先着3名様です。

ラインの登録は>>こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました